KAGEROU
銀魂逆ハー夢小説しか置いてません。あと、ちょびっとイラストも。
スポンサーサイト --/--/--(--) --:--:--
ホーム夢小説 目次


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホーム夢小説 目次


銀魂 夢小説 『華、手折る頃 16』(高杉メイン) 2009/09/16(Wed) 11:43:35
ホーム夢小説 目次


突然の、その言葉を理解するのにしばらく時間のかかった私は、慌てて太夫を押し返す。


「逃がすってっ、だって・・・そんなことっ!!それに太夫は?太夫はどうするのっ!?」


そう、そんなことできるわけがない。太夫を置いて逃げるなんて。
2度も裏切ることなんて出来ない。


それに、たった一人の家族を・・・もう、失くしたくなどなかった。

そんな私の思いを察したのか、太夫は「しょうがない子だよ」とでも言うように苦笑すると


「あんたはもう、大事な人・・・見つけただろう?もう、一人じゃないだろう?」

太夫のその言葉に全てを拒絶するような背中を思い出した私の胸がぎゅっと痛む。


「それは・・・」

その痛みに、思わず俯き、その後に続く言葉が出てこない。

私にとっては大事な人だけれど・・・あの人にとってはどうなのか。
一瞬でも触れたその心を信じようと、信じようと思うけれど。

もう一度会えるのかどうか、それすらもわからない。



そんな思いに押しつぶされそうで、俯いたままの私をなだめるように


「姉さんと・・・最後に約束したんだよ。あんたの事だけは守るって。どんなことをしても守り通してみせるって。」



「姉さんとの約束、私に守らせない気かい?」


そう言いながら私の頭を撫でると


「それに私は・・・ここの連中ほっとけないだろ。」

そんな風に気丈に優しく笑う太夫の姿が切なくて。



『どんなことをしても守り通してみせる』

その言葉が、太夫の今までを物語る。

高杉さんと引き合わせてくれたのも、情報を流したのも全ては私の為だけに。

ただ、それだけを考えて私の知らぬところで動いてくれていたのだと・・・






ようやくわかった私は・・・太夫にすがりついて子供のように声をあげて泣いた。











高杉side


根城へ戻ると、そこには待ち構えていたように廊下の壁にもたれかかる万斉の姿。


「えらく早ぇじゃねぇか」

そう声をかけると、クスリと小さく笑う。


「待ちに待った祭りでござろう?その割りに浮かぬ顔をしているようでござるが」


ここのところ、いちいち気に障る言い方をするその物言いに、

「てめぇの気のせいだろ」


そう、言葉を返すと前を通り過ぎ歩を進めようとしたその時。





「鳥篭の鳥を逃がすより、手元に置けばよいでござろう?手元から去ることを考えていたら、鳥は飼えないでござるよ」


何を言うかと思えば、その言葉に立ち止まると


「夕刻まで時間はある。予定通りでもかまわぬが・・・逃がした鳥は大きいというでござろう?」

そう、くすくすと笑いながら俺の背に話しかける。俺はその声をさえぎるように再び歩を進めると自室の戸を閉めた。


『魚だろうが、馬鹿が』

とつまらぬ言葉が飛び出そうになるのを飲み込み、部屋にあったキセルに火をつける。


昨夜から、吸っていなかったせいだろうがクラリと酔うようなその感覚に

頭によぎるのは葵。



抱いたその肌は、甘く酔うようで。

伝い落ちるその涙でさえも甘く・・・
初めてだとわかっていたにもかかわらず、思いのままに抱いてしまった。

だからといって、後悔の念などは欠片もないが。




今日、葵を逃がすことは吉野と取引をしたあの日から決まっていた。

顔に出やすい葵のことを考え、本人には、決して当日まで伝えないとの条件付で。






そして、今日がその日にあたる。


今頃は、吉野が葵に伝えている頃だろう。

また泣いているのだろうか。あの大きな瞳を真っ赤にして。



気がつけば、葵のことを考えている己。そんな自分を嘲る様に薄く笑い


静かに吐き出した紫煙は窓の外へと消えた。

ホーム夢小説 目次



にょわー、最近家で旦那が仕事してる率が高くって、書いてるのにアップができませんT_T

コメント返しは今日の夜、させて頂きます;;せっかくコメントいただいているのにごめんなさい

最近、本当になかなか思うように更新できなくて自分でも歯がゆい思いでいっぱいなのですが

コメントや拍手を頂けるだけで、本当に元気が出ます!!

ご覧頂いている皆さん、本当にありがとうです!!



スポンサーサイト

テーマ:自作小説(二次創作) - ジャンル:小説・文学

コメント
Re: タイトルなし
ウメ様、コメントありがとうございます!!
あったかいお言葉に嬉しすぎますぅ;;
本当に、のろのろしててエロテロリスト高杉様にたたっ斬られそうですが、
ラストまであと少しなので頑張ります♪
2009/09/24(木) 15:39:06 | URL | plum #-[ 編集 ]
太夫と高杉さんでそんなお約束されてたのですね・・・
相変わらずステキな文章でホレボレです(///)

ご自分のペースでゆっくり更新していってくださいね☆

2009/09/17(木) 19:46:31 | URL | ウメ #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。