KAGEROU
銀魂逆ハー夢小説しか置いてません。あと、ちょびっとイラストも。
スポンサーサイト --/--/--(--) --:--:--
ホーム夢小説 目次


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホーム夢小説 目次


銀魂バトン第3弾 銀魂キャラと海に行こうっ! 2009/04/24(Fri) 13:25:19
ホーム夢小説 目次


仲良くさせてもらってる想ちゃん!ありがとう♪


ありがたく、銀魂バトン行きまっす(≧▽≦)


今回は銀魂キャラと海に行こうっ!との事。もうちょっとしたら夏だもんね?


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



?ル?ル?
バトンを回した人には連絡する!
5日間のあいだにしてください♪バトンをしなかったら罰ゲーム!!!

罰ゲームは・・・神楽の口調で1週間ブログ更新!




あなたは銀魂のキャラと海に行くことになりました。

●水着に着替えた
1「銀サン以外に見せちゃダメだぞ!!」と必死に隠そうとする銀時。
2「…その、似合ってるぜ…」と照れながらいってくる土方。
3「水着なんて着なくていいぜ。どうせ俺が脱がせるんだからよォ」それってどういう意味!?高杉
4「あんたに似合う水着用意してきたんでさァ」それただのヒモじゃん!!沖田。
5「その水着も似合っているが、こっちのほうがいいと思うぞ」エリザベスのプリント水着はちょっと…。



1と2と3!!!どうしてそんなに萌えさせるよ!!!

必死な銀ちゃんも可愛くて捨てがたいがぁあああ!トシっ!トシったら(///∇//)こっちが照れるわぁ!!


キャアアアアア!!!高杉様ァアアアア!!もう、エロ杉様だよっ!!

高杉様にそんなこと言われたら、鼻血出して死ぬな・・・・




●さっそく泳ごう!…の前に準備体操。
1「いっちにーさんしー!」はりきって体操する銀時。
2「足ツらねえようにちゃんと体操しとけよ」心配してくれる土方。
3「ククク…」何わらってるの、高杉。
4「俺、新しい体操思いついたんでさァ」なんか押し倒そうとしてない!?沖田。
5「…着てもらえなかった…」まだエリザベス水着のこと気にしてるの!?桂



銀ちゃん可愛すぎ(///∇//)想像するだけでニヤってしちゃう。なので1かな・・・




●いよいよ海水浴。

1「そこ危ねぇって!!銀さんにつかまってなさい!」そういって優しく手を差し出してくれる銀時。
2「そろそろ浮き輪ナシでも泳げるようになれよ」泳ぎの特訓ですか?土方。
3「おい、日焼け止め塗ってやるよ」変なことしないよね!?高杉。
4「一緒にボート乗りやしょう!」そんなにはしゃいだら危ないよ。沖田。
5「溺れないように気をつけ…」あんたが溺れてどうすんの!桂


5以外、捨てがた過ぎる。こんな状況あったら楽しすぎるよぉおおお!!

しっ、しかしここも1かな(///∇//)銀ちゃーん、あああ、もう好きすぎる




●お腹がすいた!海の家で何か食べることしよう。
1「ハイ、あーんして♪」カキ氷をスプーンにすくって差し出してくる銀時。
2「マヨネーズがないんですけどォ!!」カキ氷にもマヨネーズつけるの!?土方。
3「お前ガキみてェ」そういって微笑む高杉。
4「そこ、ついてるぜィ」そういってほっぺをペロリ、沖田。
5「うまいか?俺にも少し…」間接キス!?桂



キャアアアアア!!銀ちゃんに「あーん」って。ちょっ、もう、心臓止まりそう・・・

キュン死にです!!!

しっかーし、3も捨てがたい!微笑む高杉様ぁあああ、想像するだけで素敵過ぎる(///∇//)



●大切な物を落としてしまった!!
1「待ってろ!俺が見つけてやるから!」懸命に探してくれるやさしい銀時。
2「そんなに大切なモンだったのか?だったらちゃんと管理しとけよ」とかいいながら探してくる土方。
3「俺が新しいの買ってやるよ」ほんと!?高杉。
4「アンタはここで待ってなせェ。俺が探してきまさァ」めずらしく優しい沖田。
5「もしかしてこれか?よかったな」探し出してくれた桂。



もう、全員好き・・・ここは全員で探しましょ。

こんなの選べないよう( ´艸`)

●海といったらやっぱりスイカ割り!!
1「こっち?エ、こっち??」どさくさにまぎれて胸を触ろうとしないでください!銀時。
2「ここか?」そ、そっちは海だよ!土方。
3「ククッ、お前、やっぱりおもしれえな」笑わないでよ!高杉。
4「右!あ違った左」嘘つかないで!沖田。
5「む、これか」それ人の頭だよ!桂。



4かなぁ・・・


一生スイカ割れなさそうだけど。




●もう夕方。夕日を背景に言われた言葉は?
1「楽しかったな!」笑顔で話しかけてくる銀時。銀色の髪が夕日色に染まって綺麗。
2「楽しかったな。また来ようぜ」顔が赤いのは夕日のせい?土方。
3「次はもっと色気のある水着用意してこいよ」意地悪く笑う高杉。
4「楽しかったかィ?へへ、俺もでさァ」にっこり笑う沖田。
5「今度はもっとゆっくりできたらいいな」微笑む桂。


ぜっ全部でお願いします!!!

銀ちゃん素敵すぎるうう!!!!いくら払えばこんな状況買えるのかしら・・・




●皆と海にいった感想


もう、楽しすぎるって。いや、マジで。



●次に海に行って欲しい方を指名!

マヨラ13様(いつも申し訳ないィイイm(_ _ )m)、そしてアイカ様


もし宜しければどうぞ^^


スルーも可だそうですので、お時間あればどうぞ♪



スポンサーサイト


ホーム夢小説 目次


コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。